Googleから「data-vocabulary.org schema deprecated」の警告が届いたので対応した件

Googleから「data-vocabulary.org schema deprecated」の警告が届いたので対応した件

Google Search Console Team から「パンくずリスト」関連の問題についてのメールが届きました。警告内容は「data-vocabulary.org schema deprecated」となっています。

本サイトでは、構造化データを「data-vocabulary.org」から「schema.org」に修正して対応しました。

パンくずリストとは?

ユーザーが現在閲覧しているページの「位置」「階層」を示したものです。
本サイトのパンくずリスト↓↓↓

パンくずリスト

このパンくずリストを「data-vocabulary.org」でマークアップしていたのが警告の原因でした。

data-vocabulary.org のサポート終了

https://webmasters.googleblog.com/2020/01/data-vocabulary.html

Googleは「data-vocabulary.org」のサポートを2020年4月6日に終了するとアナウンスしています。
「data-vocabulary.org」でマークアップしていた場合、2020年4月6日以降は検索結果にリッチリザルトが表示されなくなります。
Googleでは「data-vocabulary.org」から「schema.org」に変換することを推奨しています。

要するに「data-vocabulary.org」は古い形式なので、「schema.org」に修正する必要があるということです。

パンくずリストの問題を修正する

パンくずリストの構造化データを「data-vocabulary.org」から「schema.org」に変更します。

本サイトは WordPress の LION BLOG という無料テーマを使用して作成しています。「data-vocabulary.org」では無く、「schema.org」でマークアップ出力するようにテーマを修正します。

「ダッシュボード」 から 「外観」 > 「テーマエディター」 を選択します。

テーマの編集

編集するテーマ「LION BLOG」を選択して(LION BLOG を利用している場合)、「テーマのための関数 (functions.php)」を選びます。

テーマの編集

選択したファイルの内容が表示されたら、「data-vocabulary.org」という文字列を検索します。
検索バーに「data-vocabulary.org」と入力してEnterを押します。

検索バーの表示方法
Windows: 「Control」+「F」
Mac: 「Command」+「F」

functions.php

パンくずリストを生成している該当箇所がわかったので、「data-vocabulary.org」で記述されている箇所を「schema.org」に変更します。

修正が完了したらファイルの更新をクリックして反映します。

修正結果の確認

適当なページを開いてみて、正しく出力されているか確認します。
ここでは、Google Chrome を使って確認してみます。

右クリックメニューから「検証」を選択します。
デベロッパーツールが表示されます。

検証

コードを確認します。

デベロッパーツール

schema.org で出力されている事が確認できました。

Google Search Console で検証する

Google Search Console にアクセスします。
メニューから「パンくずリスト」を選択します。

Google Search Console

警告が表示されます。
該当の警告(data-vocabulary.org schema deprecated)を選択します。

現在のステータスが表示されます。
修正の検証をクリックします。

検証が開始されます。検証には1日以上の時間がかかる事があります。
検証結果は Google Search Console Team <sc-noreply@google.com> からメールが届きます。

検証に問題がなければ合格になります。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。